私vs猿「タイランド プラチャプキリカーン」 1

ここは何回か行ってるお気に入りの一つ

近くの海沿いにボタ山があり天辺に寺がある所

この時は彼女と夜バスで着いた、電車の駅から可也離れた場所だった

丁度、信号待ちしていた原付のお嬢さんに

「電車の駅どっちですか?」

と聴いたら、3人乗りして、わざわざ連れて行って貰って

ホテルの世話までしてくれる様な人が居る所

あの時は本当に有り難う!美しく心優しきお嬢さん

一泊して次の日、早速山に向かう

山の麓の入り口から、物凄い数の猿が居座っている

一番初めに来た時はそれほど猿は居なかったが

行く度に増えてきて、その時は登るの止めようかと思った位だ

しかし俺はその山に挑む

だいたい登る前に負けを認める訳にはいかない

この瞬間!

猿の攻撃の前に成す術も無く、

一方的に耐え忍ぶ戦いが切って落とされたのであった

しかも、その時は彼女と一緒だ、

かっこ悪い所など見せる訳にはいかない

彼女を守らなければ、、、緊張感が俺を包み込む、

既に沢山の猿共が入り口を塞いで

明らかに私達を待ちうけていた。

saru2


大きな地図で見る
電車駅から海に突き当たったら左に少し行った所の山
ズームしてみましょう
siro500,100

モンキーシンバル クロック
モンキーシンバル クロック

[`evernote` not found]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です